<白馬岳(北アルプス)>
 8月1,2,3日と休みを取って白馬岳へ出かける。高速の通行止めな どで登山口に着いたのが10時半を過ぎていた、大雪渓の前に腹ごしらえとのんびりうどんを食べていたら12時を超えてきた。大雪渓へ入ると登る人は数組、 最後尾の模様だ。霧雨がうるさいのでカッパを着込んでスタート、マイアイゼンでがんがん登る、案外登り易い。


雪渓上部へ着くと晴れてきた、次々出現するお花畑になかなか歩が進まない、途中小沢渡るがここが大雨時には激流となって事故が多いらしい。テント場に着く頃には霧が深く、薄暗くなってきた、なんとか4時半前には到着。途中2組の登山者を抜いてきた、白馬山荘泊りらしいが完全に暗くなりそう、大雪渓は体力を消耗しますね・・・。




8月2日、快晴。杓子岳の頂上にコマクサが咲いているとのこと、白馬岳 を眺めながら杓子岳へ向かう。登山道から少し離れた場所にコマクサは咲いていた。再び戻って白馬山荘で昼食、白馬大池のテント場へ下る。雷鳥坂ではまじ雷 鳥の先行で歩く、常念岳以来だ。夕食の提供は無いのでパンを買い込む、調理器具リストラのテント泊の夕食は寂しい。でも片付けも簡単なので良いかも。




 8月3日、快晴。今日は栂池自然園へ下り、 ロープウエイとゴンドラで楽々下山だ。ハクバゲンゴロウ?の生息する池に別れを告げて天狗原湿原へ下る、直に下るので時間短縮にはなる。途中からロープウ エイからの登山者が平日でもすごい、しかし皆さん一様にお疲れモード、楽々コースと思って皆さん登ってくるみたい、だが案外ハードなのだ。栂池自然園へ着 くと後は楽々、ロープウエイは貸切状態。下って店の人と話すと毎日、ぐずついた天気らしかった。毎日快晴と報告するとびっくりしていた、頂上付近だけが毎 日晴れとはさすが元祖晴れ男??ですね。



     <ホーム>