<入道ヶ岳(鈴鹿)>
   3月5日、快晴気温は上がるとの予報、椿大社の奥から入道ヶ岳を目指し、福寿草も見学予定だ。椿の花を横目に井戸谷へ進む、避難小屋を過ぎたあたりから 雪が増えてきた。福寿草の斜面にきた、黄色い花が登山道からも見える。斜面を上がると満開の福寿草が今年はいつもより多く咲いている。
 ゆっくり撮影タイムを取って休憩だ。





 井戸谷を頂上へ向かう、途中の雪渓にはなだ れの跡が、直上に頂上が見えるので井戸谷方面へ右折するがうまく道が発見できない、デブリの横を通って直登に変更、新雪は無いのでなだれは起きないだろ う。途中から傾斜がきつくなってきたが、根性で進む、一組のパーティーは帰っていった。頂上まで2時間30分、気温が上がって雪がぐしゃぐしゃなので案外 時間が掛かった。 


      <ホーム>