<高見山(松阪市)>
 2月19日、強い冬型が再来、高 見山へ出かける。覚悟はしていたがやはりすごい人出、小峠を越えた所から樹氷は付いてきた。朝は霧に包まれていた高見だが時間と共に晴れ上がってきた、樹 氷のトンネルが今日は特にすばらしい。頂上手前の木々の樹氷が発達していたが、何故か頂上は少ない、不思議だ。避難小屋は人であふれていたが、気温が上 がってきたので外での昼食も問題ない。




 大峠へ降り始めると樹氷が急速に落ちてゆく、気温がぐんぐん上がってきたので・・・。大峠コースも登ってくる人は多い、さすが休日だ。途中のベンチから見上げると樹氷は頂上付近のみと減少中、旧伊勢街道を下って小峠へ戻る。


    <ホーム>