<近江八幡>
 長年あこがれていた町、近江八幡を訪ねてみよう。伊勢を9時にスタート、ユックリ昼前には到着。まずは駐車場を探そう。
突然来たので、案内地図が無いので適当に走って図書館の「P]を借りる。
    
 まず八幡堀より散策のスタート、昼まで雨だったのでお堀の水も濁っている模様。堀沿いに古い町が結構残っている、観光案内所を探してウロウロ、洋風建築の案内所を発見、地図を貰って散策の開始だ。
          モダンな案内所
 まずはあきんど通り、そこかしこに古い家が散見できる。適当に曲がってアチコチの路地を散策する。おなかがすいて来たのでさあ昼食だ、しかし食堂らしきものは殆んど見当たらない、そこで旧商店街を進むがとんと無い。
  
 うろうろ1時を過ぎて探していると、そば屋の看板、地図を見ると有名なそば屋さんらしい。行列にならび、なんとか食事。これが大当たり、京風味付けでそばもこしが充分、おおあたり〜。
              やっと食事に
 さて次は新町どうりへ進む、古い町並みのオンパレードだ、観光客も増えてきた、しかし近辺でみやげ物家も無く好感のもてる町並みだ。
  再び八幡堀へ戻り、かわらミュージアムへ向かう、かわらをテーマの近江八幡の新名所だ。
   
        かわらミュージアムはモダン建築だ
 さて近江八幡の古い町並みをしばしお楽しみください。
  
  
  
ある程度は整備されている町並みだが、観光客に媚びない町並み作りに好感が持てる、テーマパーク化した何処かの町並みのようには成って欲しくないものだ。普通に生活する人々がいる、さりげなく古い町並みが好きだ。

 <ホーム>