<醒ヶ井宿>

柏原を後に次は醒ヶ井へ進む、醒ヶ井の駅が水の宿として開発され、物産販売、駐車場として利用されている。
町並みへ入るとすぐにボーリス建築の郵便局が資料館として活用されている、なかなかモダンな建物だ。古い民家も顔を出してくるが、柏原の建物とはちがう雰囲気なのがおもしろい。
    朱塗りの民家、伊吹方面に多い→


さあバイカモの醒ヶ井を散策だ、この地蔵川のバイカモがこの宿の売りのひとつだ。
きれいな水に藻の群れ、その中に梅の様な花が咲きみごとだ。
しかし9月後半なのに暑い、ついつい水辺で遊んでしまう、しかしこんな冷たい湧き水に恵まれた町は最高だ、家の前で夕涼みが出来るね。





古い家屋としてはそんなに多くは無いが、川の水がすばらしい。しかも観光地化はされた店は一軒も無く、普通の生活が営まれているのがすばらしい。
しかし町の真横を名神が走っているのには驚く、よく湧き水が枯れないことだ、将来もこの湧き水が滞ることのないように願おうか。
  

  <ホーム>