<勢和村のささゆり>
 6月1日、近くの勢和村でささゆりを鑑賞しよう。最近丹生大師の里として売り出し中の場所だ、目的のささゆりはあじさいの小道として整備されている近辺 にあるらしい。ほとんど人出は無く、これは未だ早いかなと半分あきらめの境地に・・・。田圃沿いの小道を散歩すると、山の中に点々とささゆりが咲いている のが見える。満開ではないが結構の本数があちこちに存在する。

あじさいも咲き始めて
来た入り口近辺。
 にぎわいはこれから
かな!!


山をよく見るとささゆりが点在
している。



   
あれれこんな道ばたにもあるよ!




 しかしここのささゆりは濃いピンク色だ、土質の加減かな。いままで見た中ではだんとつキレイだ。しかし結構咲いているのに人出は全然、有名に成っても又問題が起こる可能性があるのであまり宣伝はしないようだ。
 途中の田圃の畦近くもかなり群生していてかなりの数だが、是非これからもきれいな花を毎年みたいものだ。
 さて途中からちょっと山道へ、狸穴堀の鉱山跡を巡るコースがあるので寄り道だ。
         
 数カ所の鉱山跡の穴が存在、坑道と呼ぶにはあまりにも小さい、人一人が活動できる位の堀方らしい。こんな所で江戸時代は水銀の鉱石を掘っていたらしい。
 最後は丹生大師のスイレンを観賞しよう、スイレンの時期はかなり賑わいを見せる古刹だ。




もうすでにスイレンは咲き始めていた、こちらはかなりの人出だ。カメラマンもかなり来ている、なるほど有名なはずだ、形の良い純白のスイレンが咲き始めている。
 ささゆりは6月中旬まで、スイレンは7月中は楽しめるようです。伊勢道勢和多気インターより10分、簡単に訪れることが出来ますよ〜。


   <ホーム>